//吹き出し 妊娠中は市販の便秘薬は危険!? | 便秘の悩み改善サイト

妊娠中は市販の便秘薬は危険!?

いくら薬に頼らずに自然なお通じを目指したいと思っても

なかなか思うようにうんちが出ずに何日も放置すると

かなりひどく硬くなってしまうのであまりにも何日も

出ない日が続く場合には薬の服用も必要じゃないかと

思いますが、普通の時なら躊躇せずに薬を飲めても

妊娠中はさすがに不安です。

ただ便秘くらいのことでわざわざ病院に行くのも

イヤだな〜というのもわかりますよね。

そんな時には市販薬が一番手っ取り早いわけですが

妊娠中って市販の薬は大丈夫!?

こんな不安を検証したいと思います。

妊娠中に市販の便秘薬を飲むのは危険!?

妊娠中の便秘、薬に頼る前にできること

普通の時でもなるべく薬に頼らずに自然なお通じを

目指すわけですが、これがお腹に赤ちゃんがいる

となるとよけいに自然に出るような状態に持っていきたいものです。

ですが普通の時と違ってホルモンの関係やつわりによる

食欲不振で食事量が減ること、さらにお腹が

大きくなって体を動かすのが億劫になり運動不足が

重なるなど、便秘になりやすくなるのも妊娠中の特徴ですね。

お腹の赤ちゃんのことやママの体のことを考えると

便秘薬などに頼らずにいられる状態を作ることは

とても大切なことです。

そのためにはまず食生活を見直し、食物繊維が豊富に

含まれる食品や乳酸菌、ビフィズス菌といった

善玉菌が多く含まれる食べ物を日々の食事に取り入れる、

ということを意識することが大切です。

これらの乳酸菌を摂取するときにはオリゴ糖も一緒に

摂取するのがおすすめ!

妊娠中のママや赤ちゃんにも安心のオリゴ糖については

こちらをご覧ください!

カイテキオリゴは効果なし?

さらに水分をこまめに摂る、腹筋を弱らせないために

適度な運動をする、腸マッサージを日課にする、

規則正しい生活をする、十分な睡眠を取るなど

生活習慣の見直しも必要です。

そうすることでうんちの排出がスムーズに行われ

便秘を防ぐことができるので薬を飲んで対処する

前にまずはこういったことを実践してみることを

おすすめします。

妊娠中の予防にできることはこちらで詳しくお伝えしています。

参考にどうぞ!

妊娠中のひどい便秘の対処法は?

便秘薬の種類は?

私はもともとの便秘体質が妊娠したことでさらに悪化。

ヨーグルトを食べたり野菜を多く食べたりしましたが

あまり効果がなくいつも妊婦健診で病院に行った時に

薬を処方してもらっていました。

病院でもらってきた薬ですので安心して服用していましたが

便秘薬には色々な種類があり、妊娠中でも服用できる

タイプのものもあるので何でもかんでも妊婦は

飲めない!というわけではないようです。

私は普段から病院で処方された薬を飲んでいますが

今までに市販薬も含めてさまざまなタイプのものを

服用してきました。

液体タイプで水に数滴垂らすものや錠剤になって

いるもの、漢方なら体に負担が少ないからとすすめられて

漢方薬を飲んでいたことも。

このようにたくさんある便秘薬にも強い刺激があり

妊婦には向かないものもあるということです。

何日出ないと便秘っていうの?

一般的に便秘の認識って毎日出ないことだと考えがち

ですが、実際には必ずしも毎日出ないことが

全て便秘というわけではないということです。

逆に毎日出ているから快便かというと、こちらも

同じ必ずしもそうではないそう。

快便かそうでないかの判断基準はうんちをした後に

すっきり感がないとかまだ残っている感じがする、

お腹が張って苦しいといった不快な症状が残る場合には

便秘と判断してもいいということ。

排便頻度を判断基準にするとしたら二日に一回や三日に

一回程度の頻度だとしてもうんちの後に不快感がなく

スッキリしているようなら便秘とは言わないのです。

人にはそれぞれ体のリズムがあり、毎日一回以上の

排便が理想なのかもしれませんが体のリズムが

二日または三日に一回というサイクルなのであれば

快便体質ということになります。

ただし、うんちが三日以上出ないという時には

便秘と判断してそれなりの対応をしたほうが懸命です。

妊娠中に市販の便秘薬は危険?

私もずいぶん前は市販の薬のお世話になりましたよ。

妊娠中はともかくとして普段は特に病気をすることがない

健康体ですので病院にかかることは全くないんです。

なので便秘だからといってそのためにわざわざ病院に

かかるなんて恥ずかしいし面倒臭い。

そうなると市販の便秘薬が手っ取り早いということで

ドラッグストアでテレビのCMで流れているような

良く耳にする薬を買って飲むことになるわけです。

私も長い間ドラッグストアで買ってきた薬を

飲んでいましたがとにかく出ればいいと思って

説明も良く読まずに服用していました。

でも困るのは薬に慣れてしまって量を増やさないと

効かなくなることですね。

あとものすごい腹痛に襲われて地獄の苦しみを

味わうこともよくありました・・・。

通常の体でもあのとんでもない腹痛は怖くなるのに

妊婦さんだったら絶対に無理ですよね。

便秘薬には注意書きに妊娠中は服用しないようにと

書いてあるものがあります。

市販の薬でも服用できるタイプもありますが

このような薬を飲む場合には必ずかかりつけの

医師に確認しておきましょう。

妊娠中に飲むことは避けたほうがいい成分としては

センナや大黄といったものがあります。

これらは漢方薬として知られているものですが

ドラッグストアにはこの成分でできている薬が

たくさん売られています。

センナや大黄という成分の薬は子宮を収縮させる

ことがあるため妊婦さんには不向きですので注意してください。

市販の便秘薬は赤ちゃんに影響する?

便秘薬でもどんな薬でもママが飲んだものは

お腹の赤ちゃんに影響するんじゃないかと不安に

なりますよね。

ママが摂取した薬の成分は胎盤から胎児に伝わる

こともあり、妊娠中はどんな薬でもできるだけ

控えたいものです。

特に赤ちゃんの大切な器官が形成される妊娠初期。

この時には胎児の脳や骨、内臓、手足などあらゆる

器官が作られている時期。

そんな時に薬を服用すると正常な発育に影響してしまう

ということも考えられるので要注意です。

さらに妊娠初期はデリケートな時期で少しの刺激で

流産を引き起こしてしまったりすることもあるため

便秘薬で腸に強い刺激が与えられると子宮にも

影響する可能性も。

このことから妊娠初期は特に自己判断で薬を服用

することは避けてかかりつけの医師に相談する

ことをおすすめします。

便秘薬以外の対処法

薬の服用は心配ということでそれ以外にできる

対処法として浣腸や座薬という方法があります。

浣腸はあまりにもひどくなった時に私も何度か

使ったことがありますが、苦しくてどうしようもない

時には即効性の浣腸は救世主になります。

ただ、妊娠中は刺激が強いためおすすめできません。

先ほどもお伝えしたように腸に強い刺激が与えられると

子宮にも影響が出ることがあり、それが流産を

引き起こす危険性があるということで内服タイプの

便秘薬と同じく浣腸も避けたほうが懸命です。

浣腸よりも作用が穏やかで比較的安心して使える

ものに座薬がありますが、それもドラッグストアで

入手することができますね。

座薬の場合には妊婦さんが使えるタイプもありますが

いずれにしても医師に確認してから使用することをおすすめします。

妊娠中に市販の便秘薬は危険!?まとめ

妊娠中、特に初期は胎児の生育に影響する重要な

時期ですので便秘になってしまったらかかりつけの

医師に相談することをおすすめします。

薬には妊娠中でもOKというものもありますが

自己判断で服用することは危険です。

うんちが何日も出ない!でも恥ずかしいからって

放置するとうんちが硬くなって排便時に痔になって

しまうこともあります。

一度痔になってしまうと排便の度に激痛を伴ってストレス

になりますし、痛いからとうんちを我慢したり

とさらに便秘を悪化させてしまうことも。

ですのでひどくなってしまう前に産婦人科で

相談して悪化を予防しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!