妊娠中の便秘解消に効く食べ物は?

今回は妊娠中の便秘解消について、どんな食べ物が

効果的かという話題です!

普段から便秘を抱えていた私は妊娠中、さらに便秘が

ひどくなり病院で薬をもらったり浣腸のお世話に

なることも数知れずでした。

ただ、これは私に限らず同じく妊婦だった友人も

便通が悪くなって困っていました。

友人は普段、便秘を抱えているわけではなかったのに

妊娠したらうんちの出が悪くなったと話していました。

妊娠中の便秘を解消するために効果的な食べ物は?

妊娠すると便秘になりやすい?

私が妊娠中、検診に行くと先生から毎回便秘している

ことを指摘されて薬はなるべく使わずに改善するように

言われていました。

妊婦になってから便秘気味になるというのは友人や

母親学級の妊婦友達も言っていたので私の認識としては

妊婦になると便秘になりやすいんだな〜というものでした。

なぜ妊婦になるとうんちの出が悪くなるのかというと

ひとつにはホルモンバランスの乱れによって

起きているということ。

妊娠すると女性ホルモンのひとつの黄体ホルモンが

増えるわけですが、これが女性の体の代謝を

低下させるために腸の蠕動運動を鈍くしてうんちの

排出がスムーズに行かなくなって便秘を引き起こしてしまうのです。

さらに、お腹の赤ちゃんが子宮でどんどん大きくなり

腸が押されて動きが鈍くなることも原因のひとつ。

確かに私も赤ちゃんがどんどん大きくなればなるほど

うんちが出なくなり、薬に頼ることが増えた記憶が

ありますし、うんちのほかに膀胱も圧迫されて

おしっこがめちゃめちゃ近くなるということもありました。

次の原因はつわりですね。

つわりがひどいと食べ物を受け付けなくなるので

当然うんちの量も少なくなります。

また、つわりの時には食べられるものを食べることしか

できないので便秘解消にいい食べ物が食べられなく

なるということもあります。

私はつわりはほとんどなかったんですが、それでも

食の好みは激変してそれまで普通に食べられていた

ものが全く食べられなかったり、妊娠する前には

食べたいと思ったこともないような物が食べたくなったり

しました。

このようにつわりの時期は量も不足するし食材も限られるので

便秘をしやすいのかもしれませんね。

そしてうんちを出す時には腹圧をかけるので

それなりの腹筋が必要ですが妊娠すると運動らしい運動は

しない人がほとんどじゃないでしょうか。

確かにお腹が大きくなるにつれて体を動かすことが

大変になりますね。

そのため腹筋が弱くなり腹圧を十分にかけられなくなる

というのも原因のひとつ。

筋肉って運動しなくてもそれほど減らないでしょ・・・

なんて私は思っていたんですが、実際には本当に

短期間に驚くほど筋肉はなくなります。

なので妊娠期間を運動しないで過ごすとその間に

筋肉ってなくなってしまっているんです。

こんなことから妊娠中は便秘になるという人が多いんです。

妊娠中の便秘はどんな悪影響があるか

妊娠中に便秘になったからといってひどく大変な

病気ではないし、恥ずかしいからそのまま放置しよう

と思ってしまう人も多いんじゃないでしょうか。

病院でうんちが出ないとか、なかなか恥ずかしくて

言えないものですが、やはり妊娠中の便秘は

放置しない方がいいと思いますよ。

うんちが出ないことで体にもたらす悪影響を私の経験で

挙げてみますね。

まず一番イヤだったのは痔になってしまったことです。

薬を極力飲まないようにしていたらうんちがカチカチに

硬くなって、それを出そうとして強くいきんだことが原因ですね。

お腹が大きくなるほど便秘が悪化して、それに伴って

痔も悪化し、出産の時には大変なことになってしまいました。

痔って人には言えない恥ずかしいことですが

その痛みといったら笑えないくらいひどい痛みです。

痔になるとうんちを出す度に激痛が走るので

便意を我慢しちゃったりしてさらに便秘が悪化。

こんな悪循環が起きてしまいます。

さらに、排便時にいきむとお腹の張りが強くなることも。

赤ちゃんが出ちゃうなんていうことはないのかも

しれませんが不安になってしまいますよね。

そして、便秘している人の腸内は悪玉菌が優勢の状態

なんですが、出産時に赤ちゃんはお母さんの産道を

通りながら細菌を取り込んでしまうので赤ちゃんまで

腸内環境が悪くなってしまうんじゃないかという

不安もありましたし出産時に赤ちゃんと一緒に

うんちまで出ちゃうっていうのも不安な点です。

こんな悪影響を経験上心配してしまうわけです。

薬は極力避けたい!妊娠時の便秘解消には

こちらもおすすめです!ご覧ください♪

便秘解消にハーブティーは効果あり?

妊婦の便秘解消に効果的な食べ物は?

つわりがひどい時期には食事も満足に食べられない

ということがありますが、そういう人は無理せずに

食べられる物を少しずつ食べればOKじゃないかと思います。

妊娠中にはできるだけ薬は使いたくないので

食べ物を改善することで便秘解消を目指したいですね。

具体的に妊娠中にぜひ食べたい物は、食物繊維が豊富な

食べ物ですね。

この時に注意したいのは食物繊維の種類です。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がある

という点を意識して、両方をバランス良く摂取する

ことが大切です。

一般的にサツマイモなどが食物繊維豊富な食べ物で

知られていて、便秘にいいと言われていますが

腸のためにとサツマイモを大量に食べたら逆に

うんちが出なくなったということも聞きます。

これは不溶性食物繊維ばっかりを摂り過ぎたために

起きたことなんですが、不溶性食物繊維は便のカサを

増やしてくれる作用がありますが水分を吸収する

という作用があり、摂り過ぎると元々硬い便をさらに硬く

してしまい便秘が悪化するということに繋がるのです。

一方で水溶性食物繊維はうんちを柔らかくする

作用があるので硬めのうんちも柔らかくしてくれて

排出をスムーズにしてくれるので、食物繊維を

摂取する時には必ず両方をバランス良く摂取しましょう。

水溶性食物繊維には昆布や海藻類、みかんやリンゴなどの

果物に多く含まれているので積極的に毎日の食事に

取り入れたいですね。

また、ヨーグルトを食べて乳酸菌やビフィズス菌を

腸に届けてあげることも大切です。

ヨーグルトと一緒に摂取したいのがオリゴ糖ですが

このオリゴ糖というのはビフィズス菌のエサになるため

一緒に摂取してあげることで腸内に取り入れた乳酸菌や

ビフィズス菌をより活発にすることができ、腸内を

善玉菌が優勢な状態にすることができるのです。

妊婦さんや赤ちゃんにも安心のオリゴ糖についてはこちら!

カイテキオリゴは効果なし?

妊婦さんの便秘にヨーグルトがおすすめの理由は

こちらを参考にしてください。

妊婦の便秘解消にヨーグルトは効果的!

そして発酵食品も積極的に摂取したい食べ物です。

具体的にはぬか漬けやキムチ、味噌、醤油、チーズなどが

よく知られている発酵食品ですが、こうして見ると

和食が体にいいと言われていることを納得できますね。

便秘の原因のひとつに水分不足も挙げられますが

毎朝お味噌汁を飲むというのは発酵食品を摂りながら

水分補給もできるという点で非常に優れた食生活

ということになるわけですね。

食べ物以外に気をつけることは?

妊娠中の便秘解消に食べ物以外に気をつけたい点として

生活習慣の乱れを改善することです。

決まった時間に食事を摂ることを心がけるという点。

これがしっかり決まってくると体内のリズムが整い

毎日同じ時間にうんちタイムが訪れます。

さらに出ても出なくても毎日同じ時間にトイレに座る

という習慣も心がけましょう。

「出ても出なくても」です。

そうすることで排便の習慣がつき、少しずつもよおすように

なるので、トイレに座って腸の蠕動運動を促すような

ストレッチなどを行うと効果的じゃないでしょうか。

ただし、いくらトイレに座る習慣といってもムダに長い

時間座っているのはNGで5分以内でトイレから出る

ようにすることがベストだとか。

そして、便意をもよおしたら我慢しないことも大切。

我慢を繰り返すと便秘を悪化させてしまうので

もよおしたら必ずトイレに行きましょう!

便秘に悩む妊婦さんの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする