//吹き出し 妊娠中の便秘にはオリゴ糖がおすすめ! | 便秘の悩み改善サイト

妊娠中の便秘にはオリゴ糖がおすすめ!

それまで便秘とは無縁だった人も妊娠中はうんちが

出にくくなるという話は良く聞きますね。

そんな時でも薬はお腹の赤ちゃんのことや体調を

考えると薬は極力避けたいものです。

そんな時には便秘に効果的な食べ物を食べて

対処することになりますがそんな食生活にぜひ

取り入れたいのがオリゴ糖。

今回は妊娠中の便秘にオリゴ糖をおすすめする理由を

お伝えします。

妊娠中の便秘にはオリゴ糖が効果的!理由は?

オリゴ糖が便秘に良いのはなぜ?

妊娠中はホルモンの関係から便秘になる人が多いと

言われていますがお腹の赤ちゃんのことを考えると

薬は頼りたくないという人が多いんじゃないでしょうか。

私ももともとの便秘体質が妊娠したことでさらに

悪化して、ひどくなり過ぎて浣腸のお世話になったり

病院で薬を処方してもらったりしましたが、普通の

状態でも何日もうんちが出ないのはつらいのに

お腹が大きいとつらさは倍増です。

そこで妊娠中にできる対策は食べ物で改善していく

ということですが、例えば食物繊維がいいと聞けば

やみくもに食物繊維を。

ヨーグルトがいいと聞けばとにかくヨーグルトを食べる

といった方法は

効率的ではないですね。

例えばヨーグルトを食べるのは腸に乳酸菌やビフィズス菌を

たくさん送り込んで腸内の善玉菌を増やすことを

目的としますが、毎日毎日大量のヨーグルトを食べる

というのはかなり無理がありますし、せっかく摂った

乳酸菌を大量に摂取することなく適量をより効率的に

働かせたいものです。

そこで登場するのがオリゴ糖。

便秘に良いと言われる理由は腸内に生息している

善玉菌のエサになり、乳酸菌やビフィズス菌を

活発にしてくれる作用があるからなんです。

せっかく善玉菌を食事で摂取するんですから

腸内でできるたけ頑張って活躍してもらいたいものです。

妊娠中の便秘を解消するためにはヨーグルトとオリゴ糖

のダブルで摂ることがおすすめ!

妊娠中でも安心して摂取できるオリゴ糖はこれ!

カイテキオリゴは効果なし?

こちらの記事も参考にどうぞ!

妊婦の便秘解消にヨーグルトは効果的!

オリゴ糖には色々な種類がある

オリゴ糖にもさまざまな種類があり、便秘に効果的と

言われるものは大腸まで届くタイプになります。

大腸に届くまでに消化されてしまうタイプを

「消化性オリゴ糖」と言いますが、このタイプは大腸に

到達する手前、小腸で吸収されてしまうので

注意が必要です。

大腸まで届いて便秘に効果的と言われるものは

「難消化系オリゴ糖」といい、これを摂取することで

大腸に生息するビフィズス菌を増殖させてくれるというわけです。

では具体的に難消化系オリゴ糖にはどんなものがあるか

ということを詳しく見ていきましょう。

・ラフィノース

・フラクトオリゴ糖

・キシロオリゴ糖

・乳果オリゴ糖

・ガラクタオリゴ糖

・アラビノオリゴ糖

・大豆オリゴ糖

これらが大腸まで届くタイプですので便秘解消のために

取り入れたいと思った時にはここを注意して見ていく

ことが大切です。

・妊娠中の便秘にオリゴ糖をおすすめする理由

普通の状態では何日もうんちが出なくて硬く

なりそうな時には最悪便秘薬や下剤で強制的に出して

しまうというのもアリだと思います。

ですが妊娠中となるとそうもいかず、自己判断で

下剤なんて飲んだりしたら強烈な腹痛で子宮が

収縮してしまったりお腹が強く張ってしまったり

することも考えられます。

なので便秘はひどくする前の予防が大切じゃないかと

思います。

妊娠中は特に体に害のないものを摂取したいわけですが

オリゴ糖をおすすめする理由は野菜などから

抽出されているため安全だということ。

妊娠中は特に食事管理が必須となりますが、そんな中でも

自然由来ということで安心して摂取することができます。

さらに私が妊婦だった時にはそれほど体重管理が

大変ではなかったんですが近年の妊婦さんは

体重管理がとても大変だと聞きます。

そうなるとオリゴ糖を摂取することによるカロリーオーバーが

気になる人もいると思いますがカロリーの低さも

妊婦さんにおすすめのポイントなんです。

ですので毎日の料理に使う砂糖を変えてみるとか

紅茶などの飲み物に使う砂糖変えるといった使い方

にするとむしろ摂取カロリーを抑えることが

できるわけです。

オリゴ糖を選ぶポイントは?

じゃあどなオリゴ糖を選んだらいいの?と迷って

しまうところですが、スーパーやドラッグストアにも

たくさんの種類のオリゴ糖が売られています。

私がよく見かけるのはシロップになったタイプですが

こういう市販されている商品は思いついた時に

ピッュとお店に走ってすぐに手に入るという

手軽さが魅力です。

ただ、こういうシロップタイプの商品は消化系のタイプ

の場合が多いのでせっかく摂取しても何の意味もない

なんていうことになってしまいます。

しかも妊娠中には避けたい添加物が含まれている

こともあるので要注意。

スーパーやドラッグストアで売られているシロップタイプ

のものは毎日の食事のカロリーを抑えたいなどの

目的で使うのにはおすすめですが便秘解消の

効果は期待できないのであまりおすすめできません。

このことから、オリゴ糖を選ぶ時のポイントは

大腸まで届く難消化系のものを選ぶこと。

添加物が含まれていないものを選ぶこと

といったことを意識して選びましょう。

私も愛用する自然由来の安心安全な

オリゴ糖はこちらでご紹介! ⇓ ⇓

カイテキオリゴは効果なし?

オリゴ糖を摂取できる食べ物は?

オリゴ糖を毎日の食事から摂取したい場合には

これらが多く含まれる食品をチョイスする必要があります。

どんな食品が多く含んでいるのか、詳しく見ていきましょう。

・バナナやゴボウなどの野菜・果物

これらの食品には食物繊維も豊富に含まれているので

便秘解消にはより効果的です。

また、玉ねぎにもオリゴ糖が多く含まれているので

積極的に摂りたい食材です。

・大豆食品

先に挙げたオリゴ糖の種類に大豆オリゴ糖がありますが

まさにこれがきな粉や納豆といった大豆製品から

取れるものになります。

私が良くやっているのが豆乳にきな粉を混ぜて

飲む方法ですが、大豆&大豆という健康飲料はおすすめ。

甘みがあった方が美味しいので私はハチミツを

加えていますが、ハチミツにもオリゴ糖が含まれて

いるので効果アップです。

しかもこの飲み方はめちゃめちゃ美味しいので

ハマっています(笑)

また納豆には他にも納豆菌が含まれているため

便秘解消には最適な食材です。

納豆に玉ねぎをみじん切りにした物を加える

という方法もおすすめです。

・牛乳

私は昔から便秘にはコップ一杯の冷たい牛乳を

飲みなさいと教えられていましたが、実際に牛乳には

オリゴ糖が含まれているので「コップ一杯の牛乳」説は

ウソではなかったということですね。

私は牛乳でココアを作って飲むのが大好きですが

これも実は便秘解消に良い飲み方なんです。

ココアには食物繊維が含まれているので健康的な飲み物。

これらの食品にオリゴ糖が多く含まれていると

言われているので毎日の食生活の中で積極的に

取り入れて便秘予防を心がけたいですね。

妊娠中にオリゴ糖を摂取する際の注意点

妊娠中は特に体のことを気遣う必要がありますね。

いくら腸に良いからとむやみやたらに一定の食材だけを

食べるというのは考えもの。

オリゴ糖も同じで、適量を守ることが重要です。

私なんかが良くやりがちな失敗は、早く効果を

実感したくて最初からいきなりたくさん飲むこと。

オリゴ糖を一度にたくさん摂りすぎてしまうと

うんちが柔らかくなり過ぎて下痢になってしまう

ことがあります。

こうなるとせっかく便秘解消するつもりが逆効果という

ことになってしまうので、最初は少なめから様子を

見ながら増量していくことをおすすめします。

そして、飲む日と飲まない日があったりするのも

避けたいです。

一度にたくさん摂るよりは毎日継続的に続けることが

大切ですのでスタートダッシュはあまりおすすめできません。

たくさん摂り過ぎてしまうとカロリーオーバーの

危険性も。

いくら砂糖に比べるとカロリーが少ないからと摂り過ぎは禁物です。

私は粉末タイプのものを飲んでいますが、ここに

注意事項として同じように摂取を続けると効果が

感じられなくなることがあるとありました。

こういった場合には量を減らしたり一旦中止して

みたり、あるいは量を増やしたりと変化をつけてみるといいですよ!

これらの注意点はありますが、全体的に見ても

妊娠中の人にとってオリゴ糖は副作用の心配なども

なく安心して摂取できるのでおすすめです。

便秘で悩む女性の参考になれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

Related Post